オーダーメイド

手提げ袋は、お店でもらうことが多いものです。
洋服や小物を買った時などに、そのお店の袋に入れてもらえます。
販売されている既成品を選んで買うことも出来ます。
ですが、いまはオリジナルで自分好みのデザインにすることも可能です。
専門の業者も全国各地にいるので、依頼して作ることが出来ます。
色やサイズ、デザインなどを決めて作ってもらいます。
手提げ袋の紐部分も、様々な種類の中から好きなものを選べます。

オーダーメイドで手提げ袋を作りたいときは、自分で作ることも出来ますが、専門の業者に依頼することも出来ます。
依頼をするときは電話やメールで問い合わせをして、打ち合わせを行います。
見積もりを先に行うことも出来ます。
不明点や要望を伝えながら、業者と確認作業を行います。
見積もりやどういったものにするかが決まったら、発注となります。
出来た商品を送ってもらう際、金額によって送料無料のところもあります。
デザインや大きさなど、おおまかなものが決まっていたら問い合わせてみましょう。

手提げ袋は、業者に依頼せず、自分で作ることも出来ます。
表の布と裏の布、あとは持ち手となる部分を準備します。
2つの布を組み合わせる時に、マチを作るのを忘れずに行いましょう。
マチがないと、ものが少量しか入らなくなってしまいます。
荷物を入れる部分をつくって、最後に持ち手を取り付けます。
長さは自分で調整することが出来ます。
手作りだと時間はかかりますが、好きな生地や大きさ・持ち手の長さの調整などが出来るので便利です。